ビジネスシーンで活用できるビジネス英語【ビジネス英語を学ぶ方法】

実用的な英語を学ぶには

ABC

英単語の用法を学ぼう

ビジネス英語とは名前の通りビジネスで使う英語になります。つまり、会社で商談を行うときにどういう英語を使うべきなのか、もっといえば海外で働く際に使う英語がビジネス英語というわけです。ビジネス英語といっても基本的なことは学校で学ぶ英語と変わりません。そういう意味では学校での英語の勉強をしっかりやることもビジネス英語の習得に繋がるといえます。しかし、ビジネス英語に出てくる単語やイディオムそのものを学校では習うことはあっても、どのように使うべきなのか、ということを学ぶ機会はめったにありません。例えば、requireという単語とaskという単語がありますが、これはどちらも「尋ねる」という意味があります。しかしながらビジネス英語ではこの二つの使い分けが大事になってきます。仮にあなたが目上の方に何か頼むときや尋ねるときにrequireという単語を使ったとしましょう。相手の方はどんな反応を示すでしょうか。恐らく、激怒することでしょう。実はrequireという単語には「目上の人が部下に要求する際に使う」といった用法があるのです。対してaskであれば目上の人に使っても問題はありません。こういったことを学ぶのがビジネス英語の勉強ということになります。では、どうやって学ぶのがいいのでしょうか。私がおすすめできる一つにTOEICがあります。TOEICはビジネス英語でよく使う文章を問題として出すため、ビジネス英語の能力を確かめるためにとても便利です。最近では企業でもビジネス英語の能力を昇格の要件にしている所が多いですが、このときにTOEICの点数で判断するところがかなり多いことからもTOEICを学ぶことはおすすめできます。TOEICを学び、実用的な英語を身につけることが今後に繋がるのではないでしょうか。